ejoneco's devlog

ejo090がなんかやったときにまとめるブログ

メーラーとしてNeomuttを使おうとしている

なんかいいメーラーはないかと調べていたんだけど、Thunderbirdは変わり映えがないしなんか別のメーラーを使いたくなった。
ArchWikiを探していたらなつかし(とはいえ根強い人気がある?)のメーラーとしてMuttが挙げられていた。
ページを見ていたらなんかNeoMuttというものがあったので使ってみるメモ

メーラー選定

なんかいろいろあるよね。
とりあえず現在さくらのメールボックスを使っているのでさくらのメールボックスで送受信できるメーラーを。
本当は Nylas Mail (まえはNylas N1とか言ったはずなんだけど名前が変わっていた) とかを使いたかったんですが、さくらのメールボックスのセキュリティレベルが低くて使えませんでした。かなしいのでセキュリティレベル高めてほしいですね。
さて、ほかにも著名どころだと Thunderbird とか、 Evolution(これはDebianを入れたらはじめから入ってたりするね) とか、 Sylpheed とかがありますね。
でも大体みんな同じ感じだし、特にこの機能が使いたい!というものも特になくてメール見られればいいやみたいな感じだったりして。
i3wmを使っているし、どうせならCLIなメーラーもいいかな!って思いはじめてぼーっと見ていると Mutt というものがあると。
私はあんまりCLIなアプリケーションというのを使うことがないので知らなかったんですが、どうやらめっちゃ有名っぽいのでこれを機に使ってみようと思い立ちました。

そして NeoMutt に…

みんなだいすき ArchWiki の Mutt の項 を読んでいたらどうやら NeoMutt というものがあるらしい。
どうせなら新しいもののほうがいいや!っておもってそっちを入れることにしました。

どうやっていれるか

適当にaptとかで入んねぇかな〜と思って Distro Pages を見たら Debian では Testing にしかなさそう。
私は普通に Stretch のまま使っているのでムムーとなりながら適当にビルドすることにしました。

ビルドした

さて、あとは適当にワイワイやってくだけです。
neomutt/neomutt
にアクセスして、適当なディレクトリに clone します。

1
$ git clone https://github.com/neomutt/neomutt.git

特に開発したりとかそういうのもないので、最新の release をビルドすることにします。
2018/01/30 現在では neomutt-20171215 のタグが切られているのでこれで checkout します。

1
$ git checkout -b neomutt-20171215

あとはなんか適当に configure して make して make install してよさそう。
Building Neomutt ってのがあるので、これを見てればこの記事の必要性はないんですがメモということで許してください。

当該環境(Debian 9.3(Stretch))ではチマチマライブラリが無いみたいなことを言われたのでそのへんは適宜なんとかしていこう。
参考までに、ないって言われてaptでインストールしたものを列挙しておきます。

1
# apt install xsltproc gettext libncursesw5-dev libidn11-dev docbook-xml docbook-xsl

多分こんなものだったかと思う(なにがあるとかないとかは書いてあるのでなんとかしよう)。

あと Building NeoMutt に書いてあるとおり、 configure するときにオプションを付けたりもできるので、例えば --notmuch をつければ notmuch を使ったりできるっぽい。(わたしはそこまでやっていない)

make install まで終わったら neomutt とか叩くと表示される。すごい。

NeoMutt の設定とか

でもこれだとローカルにあるメールしか読めないので、 IMAP でつなぐことにする。
IMAP で読んだり SMTP で飛ばすなりに別なアプリケーションを使うことが出来るっぽい(NeoMutt 単体でも IMAP で取得できたり SMTP で飛ばしたりもできる)。
とりあえず今回は SMTP だけ msmtp を使うことにする。
(本当は SMTP も NeoMutt だけでやろうとしてたんだけど SSL 周りでエラーが出て非常に辛いことになったので(設定を理解しろという話だが) SMTP だけは別なものを使うことにした)

設定は .muttrc とか .neomuttrc とかを読んでくれるいくつか指定のディレクトリに置くと読んでくれる。
そのへんは Configuration - NeoMutt に書いてある通りなんですが、私はもしかしたらいわゆる dotfiles の公開をするかもしれないので .config/neomutt/neomuttrc に置きました。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
# mbox か maildir か
set mbox_type = maildir

# IMAP のユーザ名とパスワード
set imap_user = "hoge"
set imap_pass = "fuga"

# IMAP で読みにいくところ
set folder = "imaps://imap.example.com:993"

# ホストネームとか送信元とか表示される名前とか
set hostname = "example.com"
set from = "hoge@exemple.com"
set realname = "hoge"

# メールが届くところを指定する。上で設定した folder があれば +INBOX とかやるといわゆる受信トレイとかを設定できるっぽい
set spoolfile = +INBOX

# IMAP で読みにいくフォルダーを指定したりする いくつかある場合は都度指定するとよさそう(ここに書いたのはサイドバーに出るっぽい
mailboxes = =INBOX

# サイドバーを表示する
set sidebar_visible = yes

# 本文入力に使うエディタを設定 デフォルトは nano かも?
set editor = "vim"

とりあえずの neomuttrc はこんなかんじ。
さくらのメールボックスは IMAPS で接続できるよう なので imaps://imap.example.com:993 としています。
さくらのメールボックスでは独自ドメインでメールが届くように設定していようと、 IMAP サーバと SMTP サーバは *.sakura.ne.jp にしろ( * は登録時の任意のホスト名)と言われると思うので、なんかいい感じに書きかえてください。
(e.g. imaps://*.sakura.ne.jp:993)
あとさくらのメールボックスではユーザ名も hoge とかじゃだめで hoge@*.sakura.ne.jp とか、独自ドメインにしてたら hoge@example.com とかにしてあげる必要がある。
(そのへんはメールクライアントに設定するための ヘルプ に書いてあったりする)

これを書いてから neomutt を起動すると多分メールボックスからワイワイ受信できます。(たぶん)

Imgur

こんなかんじになると思う。

msmtp で送信を

というわけで上に書いたとおり色々あって面倒だったので送信は msmtp でちょちょいのパーとすることにしました。
気力があれば NeoMutt に SMTP の設定書いてよしなにするかもしれないけどその気力がないのでゆるして。

適当に apt install msmtp して msmtp をインスコする。
次に .msmtprc をホームディレクトリとかに作る。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
# sakura

# msmtpでメールを送信するときに指定する名前
# 指定するだけなので多分なんでもいい
account hoge

# SMTP サーバのホスト名とかポートとか送信元とかユーザ名とかパスワードとか
host smtp.example.com
port 587
from hoge@example.com
user hoge@example.com
password fuga

# さくらのメールボックスではSTARTTLS を使うので on にして auth も on にする
tls_starttls on
auth on

# ログファイルも適当に設定
logfile ~/.msmtp.log

こんな感じ。
これで単体で送信できると思う(たぶん)ので、さっきの neomuttrc に SMTP で送信する旨の設定を記述します。
どこかに

1
2
3
# sendmail としてなにを使うかを設定 ここでは msmtp を
# -a はさっき決めた account がそのまま入る
set sendmail = "/usr/bin/msmtp -a hoge"

とかを書いておこう。
そして neomutt を起動したのち、m キーでメールの作成ができるので、適当に To を入力して Subject を入力したら自分が設定してるエディタが開くので適当に入力して保存して終了すると 送信するか? みたいなのが開くので問題なさそうなら y を押すことで送信される。

さくらのメールボックスでは以上の設定でなんとかできたが、 Gmail とかだと都度設定項目は変わると思うのでよしなにやってください。
多分 Gmail の設定例の方がたくさんあるとは思うけど。

NeoMutt(というか Mutt) はなんかもう設定項目が色々多すぎるので斧を研ぐのはまた今度です。
とりあえず受信と送信ができればいいかなという感じ。
ああ、アカウント増やしたいときの設定もしなければ…とは思うが斧研ぎの優先度としてはそんなに高くはないのであとまわしですね。
ア、そういえばファイルにパスワードとかをベタ書きしているのでそのへんもなんとかしないとね。

それではこんなところで。

Proudly powered by Hexo and Theme by Hacker
© 2018 ejo090